北海道産 黒千石 『黒豆茶』200g×6袋

北海道産 黒千石 『黒豆茶』200g×6袋

販売価格: 6,156円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

【北海道産 黒千石 『黒豆茶』☆まとめて買いがお得☆】送料

3袋  3142円 1000円⇒970円×3袋+税  送料370円

6袋  6156円 1000円⇒950円×6袋+税  送料520円

10袋 10044円 1000円⇒930円×10袋+税 送料 地域個別(924円〜1364円)



Beautiful Body Support
『CJ シノワジャポネ 純子先生セレクト』
〜薬膳ハーブティーシリーズ〜

■黒千石種とは
黒千石大豆は栽培に大変手間がかかるので、1970年代に生産が中止され、絶滅した品種といわれていた黒豆です。しかし近年、北海道北竜町で栽培が再開されました。
この品種は黒大豆の中で最も小さく、大さじ1杯で200粒もあります(一般の大豆は40粒くらい)。その分表面積である黒皮の部分が多いので、他の黒大豆よりイソフラボンやポリフェノールの量が多くなっています。
また、2008年に北海道大学遺伝子病制御研究室により、黒千石には他の豆類にはない免疫バランス調整物質が発見されました。

■黒千石の飲み方
黒千石の豆を強火焙煎しております。ひとり1回分大さじ1杯を目安に、マグカップに必ず熱湯を注いで5分ほどおけばおいしく飲めますが、
黒豆茶の効能をより効果的に発揮させるには、鍋かやかんに黒豆を入れ火にかけ沸騰したら5〜10分弱火で煎じてください。成分が十分抽出され効果が高まります。

■飲んだ後は食べて満腹感も長続き
お茶として飲んだ後、残った黒豆を食べると、黒豆に含まれる成分をまるごと食べることになります。おいしい上に食物繊維も豊富で、満腹感も長続きします。
一般の黒豆茶を飲んだ後は、ふやけて豆の味が抜けてしまいがちですが、黒千石は黒皮がそのまま残るため、豆に甘みが残っていておいしく召し上がっていただけます。そのまま塩を振って枝豆のように、また黒蜜、ハチミツなどをかけてデザートに、ドレッシングでビーンズサラダに。また豆をご飯に炊きこんでもおいしいです。
※ふやけた豆は痛みやすいので、必ず当日中に召し上がるか、冷凍保存してください。

<黒豆の主な成分>
◆イソフラボン
 女性ホルモンと同じような働きを持ち、更年期の諸症状を緩和したり、高血圧や肥満などの生活習慣病防止に役立ちます。
◆サポニン
過酸化脂質の増加を防ぎ、高脂血症を予防し、脂肪の代謝を促して肥満予防効果が期待できます。
◆アントシアニン
黒豆の黒色はアントシアニンという色素(ポリフェノールの一種)。
活性酸素を除去して血液をさらさらにする働きや眼精疲労・視力向上に効果があります。
黒は腎を補う色で、元気になる色です。
◆食物繊維
◆その他必須アミノ酸11種類を含む良質な大豆たんぱく質も豊富。
コレステロール調整効果や、アンチエイジング効果も期待できます。

<中医学的効能>
マメ科のダイズの黒色品種の種子
袪湿・滋陰類
◆性味:甘、平(黒豆を炒めると温になり補陰養血の働きがある)
◆帰経:肝・腎・脾・胃
◆効能・適応
(1)健脾利湿利水:むくみ、尿がでにくい時、腹水、関節腫痛、黄疸など
(2)滋陰補血:気血両虚、陰血不足のふらつき、月経不順など
(3)去風止痙(歯の食いしばりなど) 
(4)活血・解毒(熱毒など):水虫、吹き出物、薬物中毒
(5)利水作用によって、脾の運化水湿の働きを高め、痰湿体質の改善効果が期待できる。

<摂取量の目安>
30〜60g/1日

<使用上の注意>
食べ過ぎると胃腸の負担になり、消化不良を起こすので食積痰湿や肝陽亢盛の人や小児は控えめに摂取する。

<調理法>
煮物、主食、デザート、菓子、茶、きな粉、煎じて服用、

<栄養成分>
たんぱく質、食物繊維、カルシウム、ビタミンB1・E,リンなど

・名称:焙煎 黒豆茶
・原材料:黒豆(黒千石種)北海道産
・内容量:200g
・保存方法:高温・多湿・直射日光を避け常温で保存